日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

NDE REPORT CAM 金型
WorkNCが総合CAMへの第一歩 3月中旬発売の新版で5軸加工や穴開け加工を搭載

 セスクワ(本社東京)は,2004年3月中旬に発売する3次元CAMの新版「WorkNC V16」で5軸加工や穴開け加工の機能を搭載する。これにより,「3次元CAMから総合CAMへ第一歩を踏み出す」(セスクワ)。 オプションモジュールとなる同時5軸加工機能*は,すでに複数のCAMベンダーが提供しており,WorkNCは後発になる。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1320文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
【記事に登場する企業】
セスクワ
update:19/09/26