日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

NDE RESEARCH 設計開発リードタイム
期間短縮,大きな取り組みは効果も大きい
設計開発リードタイム

 過去3年間に設計開発期間の短縮を経験した技術者,担当者は6割にのぼり,また8割以上が今後3年間にも短縮できると予想している。そして期間を大きく短縮した企業では,具体的な手法を用いて幅広く取り組んでいる。その一方で,無理に期間短縮を実現しているが業務プロセスが洗練されないまま,という弊害も残っている。(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3136文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
update:19/09/26