日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

特集 もうかっている企業はITをこう使う 特集扉
もうかっている企業はITをこう使う
ビジョンが情報共有の巧拙を左右する

 「もうかる」とは製品を安く作って,たくさん売るということ。言ってしまえば単純だが,その実現には,機能面・価格面での魅力的な製品作り,的確なタイミングでの市場投入,調達コストや製造コスト,在庫などの削減,製品開発の効率化といった企業努力が欠かせない。では,高収益を挙げている勝ち組企業はいったい何が違うのか—。(62〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:624文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 もうかっている企業はITをこう使う 特集扉(62〜63ページ掲載)
もうかっている企業はITをこう使う
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > その他(企業・経営・ビジネス) > その他(企業・経営・ビジネス)
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
曙ブレーキ工業
カシオ計算機
三洋電機
住友重機械工業
セイコーエプソン
トヨタ自動車
日産自動車
ブラザー工業
update:19/09/26