日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

特集 もうかっている企業はITをこう使う 日産自動車
図面レスと設計品質の向上で グローバル開発体制の実現狙う
日産自動車

 日産自動車は,村山工場の閉鎖や人員削減,サプライヤの集約などを含む日産リバイバル・プラン(NRP)が功を奏し,2001年以降は売上高,営業利益ともに順調に伸びている。2003年の国内販売実績はホンダを抜いて2位となる見込み。2004年3月末の営業利益は,2000年3月期決算のほぼ10倍となる8200億円に達する見通しだ(図1)。(64〜67ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3837文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
日産自動車
update:19/09/26