日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

特集 もうかっている企業はITをこう使う セイコーエプソン
共通コードの導入で 情報をグローバル規模に一元管理
セイコーエプソン

 「ものづくりの起点は設計にある」(情報化推進サポート室情報活用サポート部武安茂美氏)として,10年近くにわたり設計体質の改革に継続的に取り組んでいるのがセイコーエプソン。同社の経営理念の根底には,「顧客からの信頼を得ること」がある。その信頼を形にするのは商品企画であり,さらにその商品企画の原点は開発力・技術力であると考えているからだ。(68〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4470文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
【記事に登場する企業】
セイコーエプソン
update:19/09/26