日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

特集 もうかっている企業はITをこう使う 曙ブレーキ工業
部門間の情報共有の理想を 独自システムで目指す
曙ブレーキ工業

 ここ2年ほど順調に業績を伸ばしている曙ブレーキ工業。2001年は不動産事業の特別損失で純利益は赤字を計上したが,今期は北米での販売が好調で,連結売上高は2004年3月期で1400億円,営業利益は2001年3月期の倍以上の120億円に達する見込みだ(図1)。 同社は,2000年7月から全社あげての大規模な業務改革に取り組んでいる。(76〜79ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4105文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
【記事に登場する企業】
曙ブレーキ工業
update:19/09/26