日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

特集 もうかっている企業はITをこう使う トヨタ自動車
トヨタ流“カイゼン”を ITの導入・定着にも生かす
トヨタ自動車

 売上,利益ともに国内最大の製造業として君臨しているトヨタ自動車は,2002年度に売上高や営業利益で過去最高を記録。2003年度中間期も売上高が前年同期比で8%増加し,営業利益が同12.1%増加と好調を続けている(図1)。 トヨタの行動原理として有名なのが,「流れの無駄を徹底的に排除して問題を顕在化し,その問題を改善する」というトヨタ生産方式*1だ。(80〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4695文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 基幹業務システム > プロジェクト・工程管理・生産管理システム
【記事に登場する企業】
トヨタ自動車
update:19/09/26