日経デジタル・エンジニアリング 2004/02号

短期連載 品質工学とCAE 第2回 品質工学とは何か
設計パラメータの特性を把握
直交表を使って特性値を求め,SN比と感度を計算する

芝野氏は,1980年にミノルタカメラ(当時)に入社し,複写機開発や現像材開発に従事。その後,社内の品質工学推進役として教育・指導を始める。2001年には品質工学会理事に就任。現在は社内コンサルタントとしてコニカミノルタグループにおける品質工学の教育や実践指導を行っている。平野氏は,1977年ミノルタカメラ(当時)に入社。(108〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7729文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > CAD/CAM/CAE
車・機械・家電・工業製品 > 設計・製造(機械関連) > その他(機械関連の設計・製造)
【記事に登場する企業】
コニカミノルタオプト
コニカミノルタビジネスエキスパート
コニカミノルタビジネステクノロジーズ
update:19/09/26