日経マイクロデバイス 2004/02号

Inside Display
液晶パネル部材が足りない 2005年までひっ迫の可能性

液晶パネルに欠かせない部品・材料の供給不足が深刻さを増してきた。ガラス基板,カラー・フィルタ,バックライト向け冷陰極管といった液晶パネルの主要部材が2003年春から次々に供給難に陥り,2004年に入ってからもその状態は続いている。部品・材料メーカーは積極的な設備投資を打ち出し,その状況を打開しようとしているが,それでも2004年内は増産が間に合わない可能性が高い。(71〜74ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3767文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
【記事に登場する企業】
米コーニング社
大日本印刷
凸版印刷
update:19/09/26