日経マイクロデバイス 2004/02号

Start Up
「クルマの屋根を太陽電池に」 コスト1/10の球状Si技術で挑む

 「太陽電池を住宅の屋根だけではなく,クルマの屋根にも付けられるようにして普及させたい」。こうした夢を追って,球状太陽電池を開発しているベンチャが大阪にある。電卓用の太陽電池を事業化した経歴を持つ室園幹夫氏が率いる「クリーンベンチャー21」である。太陽電池に未練 球状太陽電池は,直径1mmのp型Si球の表面にn型層を形成して作る。(138ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1516文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 環境・エコロジー(車・機械) > その他(車・機械関連のエコロジー)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(車・機械関連のエコロジー)
【記事に登場する企業】
米テキサス・インスツルメンツ社
米ボール・セミコンダクター社
update:19/09/26