日経ソフトウエア 2004/04号

APIから知るWindowsの仕組み 第22回
Windowsの印刷の仕組みを理解する

 最近は,パソコン製品の使用説明書や業務で利用する帳票など,電子化された文書を扱う機会が増えている。とはいえ,画面で見るにも限界がある。印刷して記入しなければいけない場合や,やはり紙でじっくり読みたい場合もある。印刷は,いまだにアプリケーションに不可欠な基本機能の一つであると言えるだろう。 そこで,今回はWindowsにおける印刷機能の仕組みについて解説する。(170〜177ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10738文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:18/07/31