日経ものづくり 2004/03号

開発の軌跡 プラズマテレビ(最終回)
暗闘の果てに
プラズマテレビ(最終回)

 1998年2月の長野オリンピックまでに,何としても直流方式でハイビジョン用40インチ型パネルの試作を完了させる。この目標を達成すべく,NHKとともにPDP開発協議会の中心メンバーとなった松下電子工業では,日夜カラーPDPの開発が進められていた。 このスケジュールから考えて,もう迷っている段階ではない。だが,担当者の心境は複雑だった。(115〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9561文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > プラズマディスプレイ技術
【記事に登場する企業】
NHK
パナソニック
日立製作所
富士通
update:19/09/26