日経ものづくり 2004/03号

解説 執念の再参入 事例
日本に合わなかった初代機 デザインの工夫で3万台/月に
事例ドラム式洗濯機(松下電器産業)

 欧米では主流となっている「ドラム式洗濯乾燥機」。日本ではドラム式洗濯乾燥機への根強いあこがれがあった。 1995年から2000年にかけて,松下電器産業を含む日本の家電メーカーは相次いで,ドラム式洗濯乾燥機(ドラム式)を商品化した(図1)。しかし,意図したこととは裏腹に,ユーザーには受け入れられなかった。(52〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2725文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 白物家電 > その他(白物家電)
【記事に登場する企業】
パナソニック
update:19/09/26