日経ものづくり 2004/03号

解説 デルvs日本メーカー 薄型テレビ戦争勃発 Part1
「デルモデル」の価格破壊力に 画質で生き残るのは「一部だけ」
Part1──「脅威論」の深層

こうした事態に日本メーカーは,高画質を強調し,同社への対抗意識をあらわにする。だが,画質に固執するだけでは,同社の強力なコスト競争力によって淘汰されかねない。 日本の電機メーカーが今,衝撃を受けている。外部にはそうしたそぶりを決して見せようとはしないが,「内心はとても不安に思っている」とある大手電機メーカーの中堅技術者は心境を吐露する。(60〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7355文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > AV家電 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > テレビ*
通信・ネットワーク・放送 > AV機器 > プラズマテレビ*
【記事に登場する企業】
シャープ
ソニー
米Dell Technologies社
日本ビクター
パイオニア
パナソニック
日立製作所
update:19/09/26