日経マイクロデバイス 2004/04号

Neo silico−lithic ag
国の研究プロジェクトから海外企業を排除すべきか?

 利益相反(conflict of interest)という概念がある。産学連携にからんで最近よく話題になる。 一般に営利企業の市場競争力をもたらすのは他社との差である。その差を独占し秘密にしようとする。営利企業としては当然である。一方,研究者は他の研究者より先に研究成果を発表することによって評価される。企業活動と研究活動との間の利益相反,その基本構造がこれである。(151ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1744文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 産学連携・協同(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの産学連携・協同
ビズボードスペシャル > 産学連携・協同 > エレクトロニクスの産学連携・協同
【記事に登場する企業】
大阪大学
update:19/09/26