日経マイクロデバイス 2004/04号

Report[Logic]
乱立するLSI設計/検証言語 国際会議「DV Con」が米国で開催
SystemC関連の話題で賑わう

 LSI設計者がその動向に気を配るべき,設計言語や検証言語が増えている。例えばC言語設計手法の要(かなめ)になると見られている拡張C言語の「SystemC」や,RTL(register transfer level)向けHDL(hardware description language)としてよく知られた「Verilog—HDL」の次世代版「SystemVerilog」である。(109ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1882文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
update:19/09/26