日経ソフトウエア 2004/06号

特集2 すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイ Part2
UMLプラグインでモデリング
クラス図とJavaソースの同期が魅力

 UMLについては,皆さん何らかの形で見聞きしたことがあると思います。最近ではUMLの専門書籍も多く,システム開発者にとって必須の言語になりつつあります。 UMLとは「Unified Modeling Language」の略で,1996年に様々なオブジェクト指向方法論の用語と表記法を統一してできた世界共通のモデル言語です。(74〜77ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7412文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイ(70ページ掲載)
すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイン」オススメ・コース
特集2 すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイ Part2(74〜77ページ掲載)
UMLプラグインでモデリング
特集2 すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイ Part3(78〜81ページ掲載)
J2EE開発にも力を発揮
特集2 すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイ Part4(82〜85ページ掲載)
Strutsを使うならEasyStrutsプラグイン
特集2 すぐに役立つ!「Eclipse+プラグイ Part5(86〜89ページ掲載)
Eclipseを120%活用するプラグイン
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:19/09/25