日経アドバンテージ 2004/06号

IT戦略最前線ニュース 協和医科器械(医療機器卸)
医療機器の履歴管理システムを構築
薬事法改正に対応、富士通と共同開発し外販も計画

MRI(磁気共鳴映像装置)や注射器、カテーテルなどを病院に納めている医療機器専門商社の協和医科器械(静岡県静岡市、売上高403億円、社員447人)は、医療機器のトレーサビリティ(履歴管理)システムを構築した。機器の製造メーカーや製造時期、ロット番号、納入先の病院や部署、納入日などの情報を、物流の流れにそって収集・管理する。(21ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1502文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療・製薬向け情報システム
情報システム > 特定業務システム > 医療・製薬向け情報システム
【記事に登場する企業】
協和医科器械
update:19/09/24