日経アドバンテージ 2004/06号

IT戦略最前線ニュース 六甲商会(OA機器販売)
SFAソフトで営業効率が約30%向上
顧客特性を12に分け商談過程をデータベース化

OA機器などを販売する六甲商会(神戸市)は独自のSFA(営業支援)システムを活用し、営業効率の約30%向上につなげた。顧客企業の特性や商談プロセスの動きなどを細かくデータベース化し、営業部員の効果的な訪問活動に結びつけた。2003年9月に稼働しており約半年間の導入効果を見極めた結果、営業部員の人数を減らしても従来と同じ売上高を達成できた。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1516文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
【記事に登場する企業】
カイエンシステム開発
六甲商会
update:19/09/24