日経アドバンテージ 2004/06号

IT戦略最前線ニュース 信金中央金庫(金融)
100万社の信用リスクをデータベース化
300超の信用金庫が持つ情報を集め審査に活用

信用金庫の中央金融機関、いわば信金業界の日本銀行のような役割を担っている信金中央金庫(東京都中央区、職員1097人)は、信用金庫の主要顧客である中小企業や個人事業主に特化した「信用リスクデータベース」を2004年秋までに構築する。2004年度は法人事業主をデータベース化、2005年度にはその範囲を個人事業主まで広げる。最終的には100万社以上のデータベースになる計画だ。(24ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > データベース
情報システム > システム設計・開発 > データベース
情報システム > 特定業務システム > 金融業向け情報システム
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > データベース
【記事に登場する企業】
信金中央金庫
update:19/09/24