日経アドバンテージ 2004/06号

特集2 未上場・中堅企業でも始まる
グループ連結会計

 親会社だけの会計データに加え、子会社も含めたグループ全体で連結会計を算出しようとする未上場・中堅企業が続々と登場した。いずれも基幹業務システムを大幅に刷新することで、親会社や子会社の会計データをすぐに収集し、B/S(貸借対照表)やP/L(損益計算書)、キャッシュフロー計算書などを把握できる体制にしている。(67〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8389文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 大企業にはまねできない(29〜43ページ掲載)
6社のトップが語る連続成長の秘密
特集2 未上場・中堅企業でも始まる(67〜75ページ掲載)
グループ連結会計
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム統合
情報システム > 基幹業務システム > ERP(統合基幹業務支援)
【記事に登場する企業】
一村産業
ジャパンニューアルファ
update:19/09/24