日経アドバンテージ 2004/06号

気になる本
IT不良資産 12のチェックポイントで見るシステム投資の実態とその解決法

近年、経営革新にはITが欠かせないと言われている。企業のIT投資も盛んだ。しかし、多額の費用を投じて導入したにもかかわらず、利用されず「不良資産化」したシステムが企業にはあふれている。本書ではその額は、日本企業全体でIT資産の30%、維持費用の50%に及ぶと推定している。 本書ではこのIT不良資産化の実態をとらえ、その検証をしている。(123ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1394文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
秀和システム
新潮社
ダイヤモンド社
日本能率協会マネジメントセンター
update:19/09/24