日経アドバンテージ 2004/06号

IT推進活動トピックス
IT推進活動トピックス

 情報処理推進機構(IPA)は4月、「国内・海外におけるコンピュータウイルス被害状況調査」をまとめた。 国内調査は1989年度から行っており今年で15回目。全国の事業所と自治体合わせて5000件を対象に実施。有効回答数は1128件だった。従業員300人未満の企業が全体の63.3%を占める。 海外調査は今回で10回目。(124〜126ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3631文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > 電子政府 > その他(電子政府)
政治・経済・社会 > 国内財政 > 税金・国債
【記事に登場する企業】
経済産業省
情報処理推進機構(IPA)
日本マイクロソフト
広島銀行
update:19/09/24