日経食品マーケット 2004/07号

追跡 食の安全 豚肉
安全な肉の維持狙い 生産履歴の把握が進む

豚肉の安全を確保するため、トレーサビリティ(生産・流通履歴管理)の導入が始まった。供給者である自治体や全農、食肉メーカーが積極的に取り組んでいるが、生産頭数の多さによる管理コストをどう吸収するかが課題だ。 BSE(牛海綿状脳症)や鳥インフルエンザの影響で、豚肉の需要が拡大している。(50〜53ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5574文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食品表示・トレーサビリティ
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
update:19/09/27