日経食品マーケット 2004/07号

流通最前線 産地と店頭を低温で結ぶ 青果のコールドチ
産地と店頭を低温で結ぶ 青果のコールドチェーン

産地から店頭までを一貫した低温管理で結ぶ、青果物の「コールドチェーン」の確立が進んでいる。商品の鮮度維持力を上げて競争力を高める狙いで、JA全農や、外資系の青果物流通会社が先べんを付けた。こうした動きに対抗して、卸売市場でも低温設備の導入が始まっている。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5674文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
update:19/09/27