日経食品マーケット 2004/07号

これから家庭に入る外食メニュー 新顔野菜料理
栄養豊富で彩りも鮮やか

最近、レストランで使われる野菜に、聞き慣れない名前が増えてきた。ヤーコンやビーツ、フリルドレタス、プチヴェール、サラダほうれんそう、万願寺唐辛子などは比較的知られるようになったが、デトロイト、プンタレッタ、バイトレアン、トピナンプ、ルタバカ、サルシフィー……などになると、味はもちろんのこと、その形を想像するのも難しい。(63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1116文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
update:18/07/31