日経食品マーケット 2004/07号

連載講座 売れる表示のテクニック
牛肉の個体識別番号は 別の専用ラベルに表示

・2004年12月1日に、小売店を含めた流通段階にも牛肉トレーサビリティ法が施行される。小売店は個体識別番号の表示と、取り引きの記録・保存(帳簿の備え付け)が義務付けられることになる。・個体識別番号を牛肉のパックにラベル表示する際には、既存の計量ラベルの中に印刷せず、別の専用ラベルを張った方がミス防止につながるので望ましい。(72〜73ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2789文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食料品店・スーパー
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > 食料品店・スーパー
update:18/07/31