日経マイクロデバイス 2004/07号

Report[Display]
相次ぐFPD輸入差し止め申請 技術流出阻止に特許を活用
韓国メーカーは液晶関連の特許を強化

 特許侵害を理由に,海外製のPDPモジュールや液晶テレビの輸入差し止めを請求する動きが相次いでいる。2004年4月に富士通が韓国Samsung SDI Co., Ltd.製PDPモジュールの輸入差し止めを請求したのに続き,6月にはシャープが台湾AU Optronics Corp.製パネルを使った台湾TECO Electric&Machinery Co., Ltd.製の液晶テレビの輸入差し止めを申請した注1)。(94ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1463文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ディスプレイ製品・技術 > 液晶ディスプレイ技術
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
update:19/09/26