日経マイクロデバイス 2004/07号

Challenger
SiC事業化を起爆剤に 狙うは日本発の省エネ革命

 「エネルギー資源に乏しい日本こそが,革新的な省エネ技術を世界に向けて発信すべき」。村上路一氏が代表取締役を務めるシクスオンは,そのような発想の下で世界に先駆けてSiC半導体の事業化を目指す。 一般に,SiCは耐熱性や耐電圧性に優れ,電力損失がSiと比較して格段に小さい。(186ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1524文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > その他(CPU・LSI製品・技術)
update:19/09/26