日経ビジネス 2004/07/05号

時流超流・トレンド
武井独裁は終わらない 武富士改革、仕組まれた権力保持体制

 「武井保雄前会長や創業者一族が、武富士の発行済み株式の33%を外資5社に売却する」 6月25日、そんな内容の報道が流れると、市場は敏感に反応した。武富士株は高騰し、一時は前日比430円高の8030円まで跳ね上がった。前会長の盗聴事件に揺れた昨年末には、5000円を割り込み、4730円まで下落した。それが、今では8000円前後で推移し、事件前を上回る株価水準となっている。(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1685文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24