日経ビジネス 2004/07/05号

一刀論断 コラム
ぬるま湯の自治体よ 道州制で目を覚ませ 金子 原二郎[長崎県知事]

 地方交付税制度は構造上、維持できなくなっており、長崎県では市町村合併を積極的に進めている。合併がうまくいっていないところは、首長の指導力に問題があるものもある。合併に消極的な自治体が多いのは、過疎地域ほど役場が雇用の受け皿になっているからだ。地方公務員の給与水準はその地域の民間に比べてかなり高い。(158ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1732文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24