日経ものづくり 2004/08号

レポート 微細加工 納期短縮
0.2mm以下の高速微細切削加工 工数減らし短納期・低コスト実現
独自の工具開発や設計の見直しで,放電加工の代替が可能に

 日本航空電子工業のコネクタ事業部は,高速加工機を使った独自の高速微細切削加工技術を開発した。単に高速加工機を導入するだけでなく直径0.1mm以下の工具を使った微細加工を実現。さらに製造工程を考慮した設計に見直すことで大幅に工数を削減できた。 金型産業でも最近は中国など海外メーカーの技術力が高まっている。(80〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2246文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > エレクトロニクス製造技術・装置
update:19/09/26