日経ものづくり 2004/08号

レポート EDI 受発注
企業間の電子商取引が急拡大 自動車では1年間に10兆円以上増加
経済産業省などが市場規模の調査結果を発表

 企業間における電子商取引(B to B EC)の市場規模は2003年に77兆4320億円と,前年比で67.2%増加したことが明らかになった(図1)。経済産業省と電子商取引推進協議会(ECOM),NTTデータ経営研究所(本社東京)が共同で「平成15年度電子商取引に関する実態・市場規模調査」として発表したものだ*1。 この拡大に大きく寄与した品目が,自動車と電子・情報関連機器。(84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1480文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > EC > その他(EC)
情報システム > 調達・購買システム > その他(調達・購買システム)*
update:19/09/26