日経ものづくり 2004/08号

解説 派遣が有力選択肢に
派遣が有力選択肢に ものづくり現場の人材活用
請負との使い分けで競争力強化

 トヨタ自動車が2004年4月から,国内工場で派遣労働者の受け入れを開始した。その数は約1000人。必要な人材を必要な数だけ迅速に確保できる派遣を利用することにより「生産変動にフレキシブルに対応していく」(同社)狙いだ。 同社が派遣労働者を採用した背景にあるのは,2004年3月に施行された「改正労働者派遣法」による規制緩和。(109〜114ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9071文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 雇用・退職
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
update:19/09/26