日経エレクトロニクス 2004/09/13号

New Products
3軸加速度センサ 取り付け角度を気にせず実装可能

富士通メディアデバイスは,カーナビに向けたピエゾ抵抗型の3軸加速度センサ「S2AA」を2004年10月からサンプル出荷する。2軸のセンサ出力を合成して傾斜角を割り出す機能を備えた。これにより,取り付け角度を気にせずにカーナビの基板に実装できる。従来品ではあらかじめカーナビ基板の水平方向に対して傾けて実装する必要があった。消費電流は3mA。寸法は5×5×2.3mm3。(71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:330文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他電子部品 > その他電子部品
【記事に登場する企業】
富士通メディアデバイス
update:19/09/26