日経パソコン 2004/09/27号

特集 必読!SP2 トラブル回避の虎の巻
カスタマイズの“技”を磨くべし
アプリケーションが動かない? —パーソナルファイアウオール編—

 ウイルスはメールの添付ファイルとして送られるものが最も多い。このタイプのウイルスは、基本的にユーザーが添付ファイルを実行しない限り感染しない。しかし、最近では「メールを開く」などのアクションを起こさなくても、感染するウイルスが存在する。インターネットから、セキュリティホールを狙って無差別攻撃を仕掛けるウイルスなどだ。(102〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:14960文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 必読!SP2 トラブル回避の虎の巻(90〜91ページ掲載)
必読! SP2トラブル回避の虎の巻
特集 必読!SP2 トラブル回避の虎の巻(92〜101ページ掲載)
「情報収集」こそ 成功への近道
特集 必読!SP2 トラブル回避の虎の巻(102〜113ページ掲載)
カスタマイズの“技”を磨くべし
第2特集 特集2(114〜123ページ掲載)
“お気に入り” らくらく整理術
第3特集 特集3(124〜133ページ掲載)
ホテルのITサービス 活用術
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > 不正アクセス・情報保護
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > その他(情報システムセキュリティ・トラブル)
update:19/09/25