日経ビジネス 2004/10/18号

時流超流・トレンド
 コスト高でも「再処理」優勢 核燃料サイクル、経済性評価に立ちはだかる壁

 10月7日に開かれた国の原子力委員会。原子力発電所から出る使用済み核燃料の処理問題について、東京電力社長の勝俣恒久委員はこんな例え方で、国や電力業界が推進してきた核燃料サイクル政策の維持を訴えた。青森県六ケ所村の再処理工場が2年後の正式稼働を控え、運転実験に入ろうという段階に来ているからだ。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1476文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > エネルギー資源・燃料
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > エネルギー資源・燃料
【記事に登場する企業】
原子力委員会
update:19/09/24