日経ビジネス 2004/10/18号

時流超流・トレンド In the Market
最高益更新でも株価がさえないJSR 液晶関連の収益依存度 一段と

 2003年11月には上場来高値2540円まで上げた後、今年6月からじりじりと値を崩し、2004年度第1四半期(4〜6月)決算を発表した8月2日以降は1600円台まで下げた。財務担当の春木二生常務は「連結予想PER(株価収益率)が17〜18倍にまで落ち込んだ8月の株価は低すぎる。信越化学工業など同業他社と同等の22〜25倍(株価で2150〜2444円)ぐらいには評価してほしい」と不満を表す。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1644文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 業績
【記事に登場する企業】
JSR
update:19/09/24