日経ビジネス 2004/10/18号

小さなトップ企業 経営
三陽機器(トラクター用フロントローダーの製造) 作らず売らず開発に専念

 機械化が進んだ農業の中心的存在であるトラクターには様々な利用方法がある。目的に応じたアタッチメントを装着すれば、エンジンの出力を物を押したり引いたりする力に変えることができる。そうしたアタッチメントの中で、土砂や飼料、積雪を持ち上げたり、移動させたりするために取りつけられるのがフロントローダーだ。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3035文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > その他(その他乗り物製造)
【記事に登場する企業】
三陽機器
update:19/09/24