日経ビジネス 2004/10/18号

技術&イノベーション リポート
花を改良する技術 夢の青いバラが突破口

 英語で不可能を意味する「Blue Rose」。今まで世界中の多くの育種家が、この青いバラの開発に挑戦してきた。そして6月、ついにサントリーが開発に成功したと発表した。 バラはキク、カーネーションと並んで流通量の多い世界3大花卉かきの1つ。観賞用のバラの歴史は古く、5000年前から栽培されていたとも言われる。(76〜78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3312文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > 遺伝子・細胞
【記事に登場する企業】
サントリーホールディングス
update:19/09/24