日経情報ストラテジー 2004/12号

主張するCIO アサヒビール 後藤義弘氏
ユーザー目線でIT人材を育成 コスト管理とリスク管理に注力
後藤 義弘

各種情報システムの投資対効果の検証、IT予算に占める固定費の削減、リスク対策の強化——の3点である。——事業構造を大きく転換させつつあるなか、2003年9月にIT担当役員に就任し、何から手をつけようと思いましたか。 経理部門を中心にキャリアを重ねてきましたが、経理部門の責任者として財務システムの開発に携わった経験がありました。(12〜15ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4201文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
アサヒグループホールディングス
update:19/09/24