日経情報ストラテジー 2004/12号

最新事例で学ぶIT経営シリーズ 顧客をつ JTB
し好をとらえて顧客に接近 継続利用率6ポイント増へ
JTB

 CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)は、顧客の理解がかなめとなる。実際は、購買履歴をはじめとする限られた顧客情報から推察するが、購買顧客の年齢や性別、居住地といった属性情報をいくら分析しても顧客の顔はなかなか見えてこない。だれが何を買ったかだけではなく、「なぜ」買ったのかを探り出す必要がある。(56〜60ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5573文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > 営業支援システム > CRM・SFA(顧客支援システム)*
【記事に登場する企業】
JTB
update:19/09/24