日経情報ストラテジー 2004/12号

最新事例で学ぶIT経営シリーズ 経営管理 KDDI
月次で行動計画を修正 採算意識の浸透狙う
KDDI

 予算管理は、経営管理の基本だ。にもかかわらず、KDDIは予算を編成していない。その代わり、部署単位で年度初めに12カ月分の収益計画「マスタープラン」を立案する。 マスタープランは、予算とは異なり、「使い切りの予算枠」を表すものではない。マスタープランには、売り上げ、経費、利益の3項目を細分化して記載する。これらのうち経費が、予算代わりの数値となる。(68〜72ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5446文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
KDDI
update:19/09/24