日経情報ストラテジー 2004/12号

米国発、最新IT経営
“グリッド”の企業利用、増殖中

 企業内の多数のコンピュータをつなぎ、その余剰処理能力を利用してあたかも1つのシステムのように使うグリッド・コンピューティングへの注目度が高まっている。企業のデータベース管理者550人を対象にアンケート調査を行った調査会社エバンス・データによると、既に12%がグリッド・コンピューティングを導入済み、あるいは導入を計画している。(266ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1325文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > システム設計・開発 > グリッドコンピューティング*
情報システム > システムインフラサービス・ソフト > グリッドコンピューティング*
update:19/09/24