日経情報ストラテジー 2005/02号

3分間キーワード
ディザスターリカバリー
Disaster Recovery

直訳すると「災害復旧」。様々な天災や人災によりコンピュータシステムが稼働できなくなったときに備えて、業務を継続するための代替手段を用意しておく体制を指す。2004年10月23日に新潟県中越地区を襲った地震で、被災地にある企業は大きな被害を受けました。停電に見舞われた地区では情報システムが止まり、業務の復旧に長い時間を要した企業も少なくありません。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1169文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム運用管理 > バックアップ・リカバリ
情報システム > ストレージシステム・ソフト > バックアップ・リカバリ
update:19/09/24