日経情報ストラテジー 2005/02号

最新事例で学ぶIT経営手法シリーズ バリ 京セラ
企業の壁超えて生産改革 在庫を4割削減
京セラ

 製造業の間で、VMI(ベンダー・マネージド・インベントリー)と呼ばれる取引形態が増えつつある。これは、部品メーカーの資産である在庫を、完成品メーカーの倉庫に置く手法だ。つまり、完成品メーカーの在庫を部品メーカーの責任で管理するのである。欠品は許されないため、部品メーカーは在庫を多めに持ちがちだ。(60〜64ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5792文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > 基幹業務システム > SCM(サプライチェーンマネジメント)*
【記事に登場する企業】
京セラ
update:19/09/24