日経ITプロフェッショナル 2005/01号

情報工学“再”入門 第11回 データ解析
データの価値を引き出す 様々な解析手法を知る
[第11回]データ解析

 皆さんは,「標準偏差」や「回帰分析」と聞いて,すぐにピンとくるだろうか。学生時代に勉強したことのある人は多いに違いない。しかし,現在の仕事に役立てられている人はどれぐらいいるだろうか。 統計の計算をする道具として,コンピュータは非常に有用である。なぜならコンピュータは繰り返し計算を得意とする機械であり,大量のデータを驚くほどの速さで処理できるからだ。(94〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6821文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/25