日経ITプロフェッショナル 2005/01号

新しいソフト開発スタイルの基本を知る 納 第4回
要件も計画も,まずは「大らか」に XP実践の勘どころを理解する
第4回

 情報システムの開発に携わる者にとって,完成したシステムをリリースする瞬間の喜びは格別だ。当然,XPでもリリースは特別なイベントであり,非常に誇らしい気分になる。苦労が報われるひとときだ。 こうした「リリースの喜び」を味わうためにも,XPを実践する難しさを知り,それを乗り切るポイントを理解する必要がある。(100〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8613文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > システム開発手法
update:19/09/25