日経ITプロフェッショナル 2005/01号

プロが教える業種・業務知識 損保編2
契約から保険金支払いまで システムの中核は保険契約管理
損保編 2

 損保会社のシステム化の歴史は古い。1960年代には,大手損保がいち早くメインフレームで損保システムを稼働させている。現在では中核部分を除いて多くのサブシステムがオープン系サーバーで稼働しているが,情報システムが損保業務をしっかり支えていることに変わりはない。(118〜121ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4947文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 金融・保険 > 保険商品・サービス
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/25