日経ITプロフェッショナル 2005/01号

CATCH THE TREND 製品・技術
データの重要度に基づきストレージを自動選択する技術

NECは,ファイルの重要度に基づくストレージ管理技術を開発した。同技術を実装したソフトを使うと,「『顧客情報』という名のフォルダに格納されたファイルは,すべて暗号化してアクセス記録を5年間保存する」といったポリシーをあらかじめ設定しておき,ストレージを自動的に選択して格納することができる。2005年度中の実用化を目指す。(139ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:245文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > ストレージシステム・ソフト > ネットワークストレージ*
【記事に登場する企業】
NEC
update:19/09/25